「十勝らしさ」の旅

 

 

いま、町おこしがテーマのアニメが放送されています。

「地域らしさってなんぞや!?」ということを探す

主人公たちの一生懸命な姿に胸を打たれつつ、

そういえば、いま自分が住んでいる地域の

「らしさ」ってなんだろう?

と、思いを巡らせることが増えてきました。

 

仕事柄、土地の風土や歴史、自然に関する

話を聞くことが多いので、「十勝らしいところ、もの」には

いくつか見当がついています。

ついてるんだけど、じゃあそれらが

十勝にすむ人たちにとって自覚されている

「らしさ」なのかというと、そうでもない気がしています。

 

そもそも、町おこしで言うところの「らしさ」って、

なんなんだろう。下世話な話、お金になりやすいものの方がいいのかな。

歴史が浅い、新興のものでもいいのかな?

そもそも、地元の人が自覚している必要ってあるのかな?

 

ある人は「地域らしさとはその土地の気候によって

規定される」とも言っていました。

考えれば考えるほど、

書けば書くほどわからなくなる。

だからせめてこれからは、

町を歩いて「あっ、十勝らしいかも」と

思った風景を写真に撮ることにしました。

少しずつの積み重ねが、何かヒントをくれるといいんだけど。。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です