【我流】ハチに刺されない方法

 

ぶんぶんぶん、ハチが・・・って

そんなに可愛く見えないときも多いですよね。

 

ライフル弾のようなオオスズメバチ。

アブか・・・?と思って目を凝らしたらクロスズメバチのなかま。

彼らの生態は狩りやらフェロモンやらとっても面白いのですが、

ヒトにとって危険なのも確かです。

できれば上手くお付き合いして、やり過ごしたいものです。

 

ハチへの対処法について、

別の場所で書く機会があったのでここにものっけます。

過去数年間フィールドワークやって、林の中で

20回ほどスズメバチ類に遭遇しましたが、

これらを実践することで刺されずに済んでいます。

 

 

林の中でハチに刺されないためのポイント

 

1.     数歩すすむごとに耳を澄まして羽音がするかどうか確認する。

2.     倒木に接触しないようにすすむ(営巣していることがある)。

3.     ハチが目の前に現れたら「だるまさんがころんだ」の要領で動きをとめ、

ハチが去るのを待つ。 ※1

4.     一度に複数のハチが寄ってきたら、来た道をまっすぐ引き返す。 ※2

 

 

※ 1 動くと、ハチは「自分を攻撃してきた」と認識して反撃してきます。

   慣れないうちは恐怖に負けるので、そのときは4.と同じように逃げてしまいましょう。

 

 

 

あくまで個人の見解ですが、ハチに刺されないようになるには

「ハチに出会ったが、正しい対処法をとることで刺されずに済んだ」という

経験を積むことが大事だと思います。

なぜなら、ハチに出会って慌てて(手で払うなどして)刺された、という

ケースが非常に多いためです。

うまく対処できた経験が多ければ、ハチに出会っても慌てることが少なくなるでしょう。

 

出来ることから少しずつ。やってみてね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です