【きょうのみっけ】花の王者 / オオスズメバチ

ほとんど毎日、なにかの生きものについて

発見がある毎日です。

 

せっかくなので折に触れて「きょうのみっけ」と題して

簡単にまとめることにしました。

個人で作る生きもの図鑑、みたいなものですね。

その生きものに対して思いを馳せる「かんさつ」パートと、

コラムとデータでまとめた「図鑑」パートの

2つのコーナーで構成します。

 

今日は前回の記事に引き続き、

オオスズメバチがテーマです。

 

 

【かんさつ】

 

小さめのリップリームくらいの大きさがある、ハチですね。

子どもの頃は、こいつが庭に出たら

すぐに家の中に退避しました。。笑

 

ある環境において最大の捕食者を

「◯◯の王者」なんて呼ぶことがありますね。

サバンナの王者ライオン。

森の王者クマタカ。…などなど。

この理屈で言えば、オオスズメバチは

花の王者なんじゃないかなぁと思います。

 

盆明けからオオアワダチソウが至る所で

開花しています。じっと待っていると、

花に集まる大小様々な昆虫を

オオスズメバチが狩っている姿がみられます。

 

オオスズメバチは花に向かって、

花が大きく揺れるほど豪快にダイビングして、

昆虫を捕らえます。捕まってしまった昆虫は、

オオスズメバチ自慢の大あごで噛み砕かれ、

丸められて肉だんごになってしまいます。

成虫のエサは巣の幼虫が出す栄養液だそうで、

成虫はこの肉だんごを幼虫のために巣へと

持って帰るのだそうです。

一見、残忍なハンターに見えますが

それは極端なひとつの視点にすぎず、

彼らなりに世代をつなぐ大切なプロセスの一つなのですね。

 

あぁ、それにしても、

ダイビングの豪快なことよ。

その巨躯を花にたたきつける様子は見ていてとても

気持ちがいい。てか、かっこいい。

狩りの時は集中してるからか、

1mくらいの近い距離から観察しててもこっちへ寄ってこないし。

野性味あふれる姿、ぜひ見てみてください。

 

というわけで、今日はオオスズメバチを観察しました。

 

—-

【図鑑】

 

オオスズメバチ

 

 

弾丸のような体をもつ スズメバチのなかま。

 

虫があつまる花や木をおとずれ

 

力強くダイブして えものを捕まえる。

 

つかまえたえものを 大あごでかみくだき、

 

肉だんごにしてしまうぞ。

 

 

スズメバチ科スズメバチ亜科スズメバチ属

 

おおきさ:単4電池よりちょっと小さい

おもさ:ふめい

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です