ハクキンカイロを2ヶ月くらい使ってみた

1923年(大正12年)に発明され、2018年現在でも量販店に並ぶ、

ハクキンカイロ

 

(上部のキャップにはクジャクの模様が。)

 

知り合いの年配の方にお見せすると

「うわー、これウチのじーちゃんが使ってたわ。」

という声が返ってくるくらい、むか~しからある道具です。

 

過去に僕の兄が使っていたことがあり、

カイロとは思えないほどの高温を出すことに驚きました。

 

最近は近所の森など、冬でもフィールドに出て自然観察をすることが多いので、

少しでも寒さをしのげればと去年末に購入し、2ヶ月ほど使ってみました。

 

-----–

 

近くのホームセンターで3500円ほどで売っていました。

「試しに買ってみる」には、ちょっとお高いので、

ちょっと躊躇しました(苦笑

 

ハクキンカイロには燃料となるベンジンを入れます。

こちらは1000円強ほどでした。

弱めのシンナーのような、すこしツンとしたニオイがします。

これを、ハクキンカイロに付属の漏斗のような道具を使って、

ハクキンカイロ内の繊維に染み込ませます。

 

(左にあるのが漏斗です)

 

次に、ハクキンカイロの火口部分にライターの火を5秒ほど当てます。

 

(キャップをはずすと、火口(Y字っぽいもの)が現れます)

 

すると、思わず「かがくのちからってすげー」と言いたくなるような

反応が起きて発熱します(雑

 

(※火口部分にはガラス繊維にプラチナが混ぜ込まれた「触媒」があります。

ここに先ほどのベンジンと、空気中の酸素とが触れることで、

ベンジンが酸化され、水と二酸化炭素に変わり、

この時の反応熱で火口部分が高温を発します。

これがハクキンカイロの熱源となるのです。)

 

この熱、カイロと呼ぶのをためらうくらいめちゃくちゃ高温です。

これは素手で持てんわ。

温度は時間によって多少前後するので、「◯℃が◯時間続く」とは書けません。

が、ハクキンカイロ社公式ホームページでは「熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍」と説明されています。

あちちちち。

 

あちーので、袋に入れて使います。

これはハクキンカイロ本体に付属のものです。

これに入れると、熱湯を入れた直後の湯呑みくらいの温度になります。

 

 

僕は普段、背中側の、レギンスとズボンとの間にこの袋をはさんで

腰を温めています。腰痛に効くわ・・・これ・・・(※個人の感想です)

 

ただし、このような使い方をすると時々、

ズボンの中にカイロが転がり落ち、

さらに高熱のカイロが袋から飛び出て、ズボンの中を大冒険

することがあるので、お気をつけ下さい。

(カイロ用のベルト、買おう・・・)

 

驚くべきことにこの高温、24時間くらい続きます。

出勤~帰宅までは余裕で同じ温度です。

発熱中、ちょいっとベンジンのシンナーのような匂いがしますが、

これが気になるかどうかは個人差だと思います。

試したことはありませんが、ベルトで覆えばほぼ問題ないと思います。

 

体のどこにカイロを当てるかに寄りますが、僕の場合(腰に当てた場合)、

この状態でダウンジャケットを来て外を歩くと、

厳冬期にも関わらずけっこう暑いです。

さすがに足先、指先には熱がおよびませんが、

体の中心に近い部分が温かくなるので、この熱を逃さないように

服を選べば、上手に体温を保つことができるのではないかと思います。

 

ちなみにベンジンの持ちはよく、使用から2ヶ月ほどたった今でも、

ボトルの半分くらいは残っています。

ええと、僕は実質2日に1回くらいの頻度で使っているので、

ボトル1本あれば、2ヶ月間は毎日使えるくらいだと思います。

 

【まとめ】

・素手で持てないくらいのハイパワーカイロです(戦時中に機材の予熱に使われた技術だそうです)。

・その上、24時間戦えちゃうカイロです。

コストは 初期費用3500円+1000円+α(カイロ代+ベンジン代+ライター、ベルト代など)

 以降はベンジンとライターを買うだけなので、1シーズンあたり1000円強

 

ぶっ壊れるまで、使ってみようと思います。

ぜひお試しあれ~。

 

 

【参考】

ハクキンカイロ ホームページ URL:http://www.hakukin.co.jp/about.html

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です