水滴のドラマ

冬にフィールドを歩いていると、水滴の氷を見かけることがあります。

 

 

今まで見向きもしなかったのですが、

よく考えたら、この氷ができるまでには、

 

水が葉にそってたれてきて、氷って、

また水がたれてきて、氷って・・・

 

・・・ということが何回も、何回も、何回も、

人知れず、ひっそり、じっくり続いてきた、

そういう経緯がある。

 

頭のなかでその想像がつくと、急に、

木の葉に、枝に、たくさんついている氷が、

やたら気になって見えてくる。

 

どうしてこんな形なのか、

なんでこの氷はやたら大きいのか・・・。

 

ひとつ視点を得るたび、自然観察の切り口がふえる。

そんなことがしょっちゅうあるから、冬でも、

外歩きが止められません。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です