ヒナを拾わないで -やさしい気持ちはそのままに-

トイレから自席に戻ると、そこには小枝にちょんとのったヒガラのヒナ。

 

「カラスに襲われたらイカンから、連れてきたんだ。良くしてやってくれ。」

・・・と一般の方が言い残して、置いていったそう。

 

慌てて飛び出して、その人を追いかける。

 

「先程ヒナを持ち込まれた方ですか。ちょっとお時間よろしいですか?」

運良く見つけられたので、はやる気持ちを抑えて、ヒナが収容された場所と状況をお伺いする。

 

なぜこんなに焦っているかというと

1.巣立ち間もない野鳥のヒナを、拾ってきてしまう方がいる

2.しかしこういう場合、ヒナの近くに親鳥がいて見守っている場合がある

3.人がヒナに近づくことで親鳥が警戒し、ヒナを諦めてしまうことがある

 

つまり、ヒナに人が近づいてしまうことで、ヒナの連れ去りが成立してしまう

ことがあるのです。

 

ヒナを拾われた方は、ヒナを心配したから拾った。

「慈しみ」が同期になっている場合が多いので、慎重に話を続けます。

 

「ヒナについてご相談いただきありがとうございます。ただ、大変恐縮なのですが、

 ヒナを拾うことは、ヒナにとって良くないことがあるのです・・・」

と切り出して、さっきの3項を説明する。

 

最初は理解に苦しむ、といったご様子でしたが、

最後にはヒナをよろしくと言われましたので、

あとでヒナをそっと元の場所に戻しました。

 

---------------–

 

正直、ヒガラのヒナがカラスに食べられることはよくあることなので、

「食べられるのは仕方ない。カラスも子育て中。カラス側の事情もある」とも言えます。

 

ただ、このシチュエーションで重要なのは、ヒナを持ち込まれた方の

「慈しみの心」をいかに尊重するか、ということだと思います。

 

たとえ行動が不適切だったとしても、ヒナを想う気持ちは本当だったわけですから、

ここで「なにしてんだアンタ!」と強く否定するのではなく、

小難しい理屈をやわらかく説明して、

「より、ヒナのためになることをするにはこうしたほうがベターですよ」と

提案することが大切だと思います。

そうすればきっと、ヒナを持ち込まれた方は「慈しみの心」をそのままに、

次はより良い行動を取れると思います。

 

参考:

日本野鳥の会 「野鳥の子育て応援キャンペーン」https://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

公益財団法人日本鳥類保護連盟 「『ヒナを拾わないで!!』キャンペーン」http://www.jspb.org/hinakyosan.html

 

 

ヒガラのヒナ。ぱっと見だとシジュウカラと見紛うが、

よく見ると中雨覆に白い部分が交じるので、ここで区別できる。

 

 

↓よろしければ。励みになります。

どくしゃになってね!

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です