「ここまで、ここを越えず」

 

十勝のある公園。盛り土の上にキツネが座っていた。

スマホで写真を撮った僕とは、20m近く離れた場所。

 

 

 

「ここまで、ここを越えず」

 

 

ホントはもっと近くで見たい。

 

小さい頃の自分だったら、構わずキツネめがけて走り出していた自信がある。

駅前のハトと同じ。近くで見たい。もっと動いて欲しい。

 

 

 

「ここまで、ここを越えず」

 

 

 

今なら知っている。

 

たしかに、人が動物に近づくことで幸せになれることがある。

だけど逆に、人が動物に近づくと不幸をもたらすこともある。

そして多くの場合、自分か相手のどちらかだけが、その幸せや不幸を経験する。

 

 

 

「ここまで、ここを越えず」

 

 

 

これは、「帯広畜産大学のエゾリス」というパンフの中の一言だ。

(ググるとリンクがヒットします)

 

生きものとの出会いが増える嬉しいこの季節に、

 

この言葉を声に出したい。

 

          

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です