【日記】春、大きな庭のパン屋にて【2019-04-12】

こんにちは!isakumaです。本州からは桜が満開という頼りがたくさん届いておりますが、十勝の桜はまだまだ芽の中で縮こまっています。でも、もうすぐ、もうすぐ・・・!


今日は晴天、心地良いそよ風が吹き、気温は14℃まで上がりました。暖かい日よりだったからか、活発に動きはじめたクジャクチョウやシロチョウのなかまを今シーズン初めて見ることができました。ゆっくりゆっくりですが、本格的な春の訪れを全身で感じました。

仕事の昼休み、どこで昼飯を食べようかと悩んでいたのですが、せっかくの良い日和、もっと日差しを浴びていたかったので、外で昼食を取ることにしました。市街地に行きつけのパン屋があるのですが、そこの自慢は、子どもたちがどこまでも走っていける広い広い庭。ここに腰を下ろして食べるパンがうまいのです。

どこまでが敷地か分からないパン屋さん。季節が進むと町中に居ながらノゴマのさえずりが聞こえます。

最近はドリンク1杯が無料になっているのでホットコーヒーを入れて外へ。ちょっと寒い外で飲むコーヒーのうまいことうまいこと。これは肌寒いうちに味わっておかないとね。

お母さんに連れられたちびっこたちが、庭に放り出された牧草のロールを掴んで空へ投げました。

それがゆったり流れる風に載ってふわっと

ちょっちょちょちょちょ、こっちに飛んできたァアア!!!僕のパンがっ!Σ(´Д`;)

 

ここで一句。

たんぽぽの 綿毛の趣き ロール麦

 

だいじょぶだいじょぶ。

パンも麦で出来てるから(適当

 

 

おわり

isakuma

五感で身近な自然を味わって暮らすひと。北海道・十勝に生息。こだわりなく、生きもの全般が好き。博士(農学)。専門はエゾシカの生態。趣味はバードウォッチング。自然観察指導員(日本自然保護協会NACS-J 会員 )。暮らしを楽しくする自然観察を広めることが夢です。ポリシーは「健康第一」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です