【自然観察】キバナノアマナ【vol.01】

こんにちは!isakumaです。

「自然観察」のコーナーでは、僕の日頃の自然観察の模様をご紹介しています。

 


本州では桜の見頃が終わりに近づいている場所が多いようですが、北海道・十勝はまだまだ開花の気配がありません!例年、G.W.直前か、はじまった頃に咲くので、まだ慌てる時間じゃない”と言ったところです。

サクラが待ち遠しい一方で、サクラの開花を待たずに春のお花たちがどんどん開いてきているので、ぜんぜん退屈はしません。フクジュソウ→ふきのとう(アキタブキ)→・・・といった具合に毎週違う花が咲いてくれるので、季節が進んでいくのがとても楽しいです(*´Д`)

今回ご紹介するのもそんな春の植物の一つ、キバナノアマナです。

名は体を現す。「黄花甘菜」と漢字で書くとおり、見て楽しい、食べても嬉しい、そんな一粒で二度美味しいお花です。

 

花をご覧になってピンと来た方もおられるかもしれませんが、ユリ科の植物です。お花屋さんにあるユリのミニチュアのように見え、フクジュソウやタンポポに負けない鮮やかなレモンイエローが目を引きます。この色に誘われてか、多くのハナアブのなかまが花へとやってきて、受粉を手伝います。

花にがっつくハナアブのなかま。花粉、美味しいですか?

きちんとカウントしたわけではありませんが、フクジュソウの花に来るハナアブのたちよりも、小さい種が来ている気がします。まぁちっこい花だもんね。それにしても、花と昆虫をセットで見ると・・・あぁ、春だなぁ。。

 

閑話休題。キバナノアマナは山菜図鑑にも載っているとおり、食べることができます。葉と鱗茎(根っこに近い茎の部分で、デンプンが詰まっている)を食べることができるそうです。できるそうですが・・・いや、花が可愛すぎて食えんわ・・・(毎年そう思う)

 

このキバナノアマナ、受粉して結実してからも面白いお花で、子孫を残すためにある生きものの力を借りることになります。それはまた、初夏になってからご紹介することとしましょう。

 

さ、そろそろふき味噌を食べ切らなきゃ・・・。

 

おわり

 

isakuma

五感で身近な自然を味わって暮らすひと。北海道・十勝に生息。こだわりなく、生きもの全般が好き。博士(農学)。専門はエゾシカの生態。趣味はバードウォッチング。自然観察指導員(日本自然保護協会NACS-J 会員 )。暮らしを楽しくする自然観察を広めることが夢です。ポリシーは「健康第一」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です