【いま、聴いてるの。】春も嵐も【旬の曲】

こんにちは!Isakumaです。

「いま、聴いてるの。」のコーナーでは、僕がいま聴いている音楽をご紹介しています。主に今の季節にあった曲をご紹介します。たぶん。


高校の時に軽音楽部に入りまして。その頃からずーっと、音楽の虜です。特定のジャンルやアーティストにこだわりなく、いろいろな曲を聴いております。

具体例を出さないとわかりにくいかな・・・

幼稚園~小2くらいで「サンダーバードの劇中歌」と「夜桜お七」にドハマリし、小4のころ「上を向いて歩こう」で音楽に感動するという実感を得ました。それから「いつも何度でも」が耳から離れなくなるという現象を経験し、中学の音楽の授業でスメタナの「モルダウ」の感想文で「波が岩に当たるようすを表すシンバルがエモい」みたいなことを書いたら花マルを貰えて感激し、その後はゆずBUMP OF CHICKENにドハマリしたり、アニソンに目覚めたり、Mr.Bigでコーローラードー(゚∀゚)♪したり・・・まぁそんな感じです

 

閑話休題。今日ご紹介するのは春にぴったしな曲で、お花見の宴会で歌った方もおられるかもしれません。山崎まさよしさんの「春も嵐も」です。

2009年リリースのアルバム「IN MY HOUSE」からの1曲ですね。PVがyoutubeに上がっとる!なんて太っ腹なんだ・・・。

 

僕にとって山崎まさよしさんといえば、軽音楽部のころにギターでコピーした「Fat mama」。エモく、エロい曲です。これはまた別の機会にご紹介するとして・・・、「春も嵐も」ではまさよしさん甘い声を、どこか哀愁的ただようポップなメロディの中で味わえます。僕がもっとおっさんになったら、小・中学校の同級生と宴会で歌いたいです。熱燗飲みながらね・・・「適当に弾くなや~!」とか言いながらね・・・もうそんなん最の高よね・・・。おでん食いたいね・・・。

 

春はおだやかなイメージを持ちますが、寒の戻りがあったり、強風吹きすさぶ日があったりして、現実には大変なことも多い。ロマンスだってドラマのように行くわけはなく、細かすぎて説明できないようなもどかしさや、情けないことがたくさんある。

 

それでもまぁ乗り越えていこうっつってね!もうほんまええ曲よね!

 


・・・とまぁこんな感じで、「いま、聴いてるの。」のコーナーでは、感情の赴くまま適当に曲紹介します。異論は認めん(´ε` )。

音楽理論やトレンドに照らして語るのはしんどいし、音楽の感想は気持ちに任せて書くくらいがちょうどいい気がするのですよ。

 

山崎まさよしさん、TOKACHI ALIVE(夏フェス)では十勝に来てくれたのよね・・・。また来てほしいのよね・・・。新曲、「回想電車」は絶賛配信中やね・・・。これはもう、レッツバイ(buy)やね

 

ではではこの辺で。

 

おわり

isakuma

五感で身近な自然を味わって暮らすひと。北海道・十勝に生息。こだわりなく、生きもの全般が好き。博士(農学)。専門はエゾシカの生態。趣味はバードウォッチング。自然観察指導員(日本自然保護協会NACS-J 会員 )。暮らしを楽しくする自然観察を広めることが夢です。ポリシーは「健康第一」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です