【自然観察】ネギ?ネギじゃないか!【アサツキ vol.01】

こんにちは!isakumaです。「自然観察」のコーナーでは、僕の日頃の自然観察の模様をご紹介しています。

 


あれは何年前だったか、機動戦士ガンダムSEED DESTINYをリアルタイムで見ていた時のことです。前半パートが終わるとCMが入り、関連商品が紹介されるのですが、劇中で「アカツキ」という名前だったモビルスーツがCMでは「アカツキガンダム」と呼ばれていて、あれぇ?どっちが公式の呼び方なんだろう、なんだか変だなぁと感じたことがあって、すいません間違えましたアサツキですね今日はアサツキ。

 

閑話休題。春の植物の多くは、小さくまとまった若芽や鮮やかな花がとても愛らしく見えます。個人的には、新芽が落ち葉を突き破って出てくる姿も、春の植物らしい姿だなぁと感じます( ´ ▽ ` ) (詳しい仕組みは分かりませんが、まだ積雪が残る時期に新芽が雪に押さえつけられた落ち葉を突き破って出てくるからこのような形になるのかな?と推理。)

 

アサツキはそんな姿を毎年見せてくれます。

この植物を知らないころはただ遠目に「なんか・・・アレ。イネ科の何か」程度に思っていました。ところがどっこい、ネギの仲間(ヒガンバナ科ネギ属)でした。たくさん居る師匠のお一人が、実際に目の前でブチブチとアサツキの葉をちぎって嗅がせてくれたことがありまして、その時の香りがネギそのものだったので「んああ、ネギだぁあ」とあまりにもあんまりな反応をしてしまったことを覚えています。実際、ネギ感覚で山菜として葉を食べることができるそうです。今度食べてみます。

 

他の春植物と同じように、鱗茎に栄養を貯める戦略をとる多年草とのことで、十分に育つと5~6月ごろに紫色の花を咲かせるそうです。むむ。。これもまだ見たことがないな・・・。いやー、宿題が増えて嬉しいなぁ。

 

明日も明後日もフィールドワーク!今日は早めに失礼しま( ˘ω˘)スヤァ

 

おわり

isakuma

五感で身近な自然を味わって暮らすひと。北海道・十勝に生息。こだわりなく、生きもの全般が好き。博士(農学)。専門はエゾシカの生態。趣味はバードウォッチング。自然観察指導員(日本自然保護協会NACS-J 会員 )。暮らしを楽しくする自然観察を広めることが夢です。ポリシーは「健康第一」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です