【自然観察】さよならの歌【ツグミ vol.02】

こんにちは!isakumaです。

「自然観察」のコーナーでは、私の日頃の自然観察の模様をご紹介しています。

 


いよいよ平成が終わりますね。先程、退位礼正殿の儀の中継をTVで見て、時代の暮を強く実感しました。明日から上皇になられる明仁さまには、穏やかな日々を送っていただきたいと願うばかりです。象徴としてのお務めを30年余り続けていただいたことに対して、いち国民として心から感謝申し上げます。

閑話休題。平成最後の自然観察のお話は、以前ご紹介した野鳥のツグミの第2段です。

 

今、第一線で活躍されている方の中には、地道に下積み時代を送った方が多いと思います。春の梢でさえずる鳥たちもはじめから上手に歌えるわけではなく、何度も何度も下手な歌を人知れず(鳥知れず?)歌ってきた経緯があります。

落ち葉の上を走り回り、耳を傾けては地表の虫の気配を探るツグミ。


鳥の中でもツグミの仲間は、複雑なフレーズを可憐な声で歌い上げるためバードウォッチャーたちに人気があります。日本でも春から夏にかけて、アカハラ、クロツグミなどのさえずりを楽しむことができます。ツグミの仲間といえば、「ツグミ」という名の種もいます。以前このブログでもご紹介しました

彼らは残念ながら日本で繁殖しないので、オスがメスにアピールするための歌である「さえずり」を日本で聞く機会はほとんどありません。しかし、その下積み時代の声「ぐぜり」を聴くことはできます。十勝では4月の終わり頃~5月頭がそのチャンスです。

最近、運良くツグミのインディーズ時代の音源を入手(録音)できたので、その声をご紹介します。公園の木のこずえでくぜっているツグミにスマホのボイスレコーダーを向けて録音しました。

今回、インディーズ音源(ぐぜりの声)を提供してくれたツグミ氏。感謝。


・再生時間3~6秒のあいだ、カラスの声と救急車の音が入る直前までの音

・12~22秒のあいだ、「ぴょぴょ、ぴょぴょ、ぷるるっ」という音

・・・がツグミの声です。それでは、再生ボタンをクリックして、どうぞ。

 


・・・はい。まぁ、下積み時代は誰しもパッとしないものです。
これから何度もくりかえし練習して、繁殖地で高らかに歌うようになるのです。

十勝では、この「ぐぜり」の声が聞こえ始めると、そろそろツグミとはお別れの季節になります。ツグミのシベリアへの旅(春の渡り)が本格的になるためです。

ツグミの、森林のスター歌手としてのポテンシャルを垣間見ることしかできない日本の春。帰り際、北への旅の本番を告げる「さよならの歌」が、耳の中で反響しました。

 

おわり

isakuma

五感で身近な自然を味わって暮らすひと。北海道・十勝に生息。こだわりなく、生きもの全般が好き。博士(農学)。専門はエゾシカの生態。趣味はバードウォッチング。自然観察指導員(日本自然保護協会NACS-J 会員 )。暮らしを楽しくする自然観察を広めることが夢です。ポリシーは「健康第一」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です