【Field Work】春の予習をしよう!その1【2020-02-26】

COVID-19の広まりに対して、なにかできないかといくつかブログ記事を書いたのですが、結局のところどれも消しちゃいました。

餅は餅屋といいます。専門的なことは専門家におまかせして、僕は僕にできる方法で、すこしでも誰かを明るくできるやりかたをとろうと思います( ´∀`)


あーーーーもうすぐ春ですね!

北海道十勝地域では春の訪れを真っ先に伝えてくれるフクジュソウ。早いところでは2月中頃に咲いたようだ。

暖冬と言われつづけた今シーズン。春はいつもより早めにやってきそうです。

山菜!桜!芽吹き!ちょうちょ!テントウムシ!ヒバリ!ツバメ!

あーーーー早く来ないかなぁ春。

もう僕の頭の中ではユーミンとキャンディーズが先走っております。

「春の予習をしよう!」シリーズでは、春に思いっきり自然を楽しむために、春ならではの生きものの営みをおさらいしようと思います。

今回は山菜です。


僕は北海道に住んでいるので、本州の山菜事情はよくわからないのですが、もう早いところでは山菜採りが始まるのかな?3月の中頃に東北の居酒屋でふきのとうの天ぷらを頂いたことがあるので、そろそろシーズンかなと思っております。

食べごろのフキノトウ。Wikipediaより。

フキノトウはアキタブキの花のことで、独特の苦味と、爆発的に口の中に広がる香りが特徴です。香りといえば香水。香水にはLady MillionとかCoco Mademoiselleとか、おしゃれな名前のついたものが多いそうですが、もしフキノトウの香りに名前をつけるなら、ぜひ僕が考えた名前を使っていただきたいです。

The・春

もうね、The・春ですよ、あの香りは。それ以外考えられん。

みなさんは美味しいイチゴを食べたことはあるでしょうか?良いイチゴは口の中に香りがふわぁあぁぁぁぁぁっと、またたく間に広がって行くものです。そして脳裏に浮かぶビニールハウス。ここまでテンプレ。いちごテンプレ。

あれの大人バージョンがThe・春

The・春はにがい。そしてパンチがある。「くっ・・・この俺を半泣きにさせて目元をつまませたのは、ワサビ以来だぜ・・・」ってなる。ここでもう一度フキノトウのビジュアルをご覧いただきたい。

これで泣くんやで???信じられる???いい年の大人がよ???

それでいて癖のある苦味が、なぜか箸を止めないのです。この春の異常事態。ぜひ味わっていただきたい。

そういえば!このブログでは以前にフキノトウを使った「ふき味噌」づくりのレポートを書いてあったのだった!【自然観察】ふき味噌をつくってみた【すんごい香り】

やだもーすごい偶然

バッチリ予習して、ふき味噌づくりにチャレンジしてみて!

 

おわり

isakuma

五感で身近な自然を味わって暮らすひと。北海道・十勝に生息。こだわりなく、生きもの全般が好き。博士(農学)。専門はエゾシカの生態。趣味はバードウォッチング。自然観察指導員(日本自然保護協会NACS-J 会員 )。暮らしを楽しくする自然観察を広めることが夢です。ポリシーは「健康第一」。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です